楽天モバイルの「my楽天モバイル」にバグ?


4月の半ば頃にアプリ「my楽天モバイル」のデータ制限モードを使って、データ制限の上り・下り1Mbpsのときのスマホアプリの動作について調べていました。たしかデータ制限モードはちゃんと動作していたかと。

▶︎SoftBankAir・WiMAXから楽天モバイルへ引越しはアリか?

5月に入り、データ制限モードをかけてスピードテストをしても・・・あれ?データ制限がかかっていない!?普通のスピードが出てるじゃないですか!!・・・ひょっとしてアプリのバグ? もしくは、PCRFがおかしい?通信できないわじゃないので、いいんですが・・・

気のせいですかね ^^(現在、アプリから問合せ中ーーーー)アプリの更新日が2020年4月30日、この時におかしくなったか、コア側のシステムに問題があるのか、邪推です。



オペレータさんから連絡が来た!!!


2020年5月6日に、オペレータの方から返答SMSがありました。結論からいうと「データ制限モードは正しく動作しているのでご安心ください」という趣旨の回答。・・・おそらく技術部門じゃないと対応できないんでしょうね、この件。やりとりの最初では「楽天回線は制限モードはかかわらず制限なしデス」とマニュアルどおりの回答が返ってきたので。

ツイッターを眺めていると、ちょくちょく同じ現象をつぶやいておられる方もいるので、大事にならないうちに対処いただければ、それでいいかと。サブ機でYouTubeのジャズを流しっぱなしにしてる程度なんで(汗

追伸:
データ制限モードは「ちゃんと」動作しているようです。スピードテストアプリにて指定するサーバを「Rakuten」にしていたために、データ制限がかからなかった模様。楽天ネットワークの外の、アライドなど別の「外部のサーバ」を指定して再度測定すると、1Mbpsで上り下りとも制限がかかっていることを確認しました。お騒がせしました。







 
 
 



 














▶︎1年間無料・解約手数料0円


2020年4月8日に楽天モバイルが第4のキャリアとして携帯電話事業に本格参入。1年目は300万人を限度に1年間無料という驚きのニュースが。さらに2年目以降でも2980円と破格の値段。解約手数料も0円ですから、いつでも解約できます。メインは大手キャリアとし、サブ機で使うのもアリかもしれません。 
 

 
 







▶︎再び注目されるワイマックス


クラウドSIMが2019年からスタートし、モバイル通信ユーザをざわつかせました。2020年もこの流れは変わらないと思われていましたが・・・ある運営会社で大規模な通信障害が発生して・・・そんな中、信頼と実績のワイマックス(WiMAX)が再び注目されることに。原点回帰?と個人的には思っています。



 








▶︎格安SIM選び!(体験記)


引越し・新学年・新社会人の季節となり、スマホの乗り換え・買い替え・新規契約などで悩んでいる方も多いのでは?私は数年前に通信業界で仕事をする機会があり、そこそこ知識はあったので、いかにスマホを安く利用するかについていろいろ調べてみた時期がありました。あれから5年、実際に格安SIMのIIJmioを利用して思ったこと、メリット・デメリットについて書きたいと思います。














今なら先着300万名は1年間無料
2年目から月額2980円、解約手数料0円