▶︎NURO 光
 

IIJmioでnova lite 3を購入してみた


格安SIMでおなじみのIIJmioで、ファーウェイの nova lite 3を購入してみました。特にこの端末が欲しいという強い希望があったわけではなく、楽天モバイルのSIMを利用するために購入した次第です。アマゾン価格なら20,000円前後。

発売は2019年2月で、型番は POT-LX2J。当初、26,880円(税抜)で販売されました。安くて高性能。コスパは当時から最高ですよね。人気NO1というのもうなづけます。発売から1年経過していますが、普段使いなら、このスマホで十分です。

Android系で楽天SIMが使えるものが手元になかったので、何か安いスマホはないかと物色。ファーウェイのnova lite 3だと使えそうだということだったので買いました。IIJmioの会員ならば、IIJmioでは端末だけでも買うことができ、価格は10,800円(税抜)。MNPで購入する場合はなんと100円!ライトユーザ向けの端末とはいえ、この価格破格ぶりは正直よくわかりません(汗

▶︎IIJmio(格安SIM)を5年間契約した感想 



さようならファーウェイ


そしてファーウェイといえば・・・最新の機種はGoogleが使えない問題がありますよね。10万円以上もする最新端末でGmail, YouTubeなどが使えないというダメダメ感。アメリカの制裁をうけているの理由。新型コロナウィルスが世界に拡散しアメリカでも猛威をふるい、ようやくピークが見えてきた中で、中国の責任論が噴出。安全保障の観点からファーウェイに目がつけられましたが、これじゃとても制裁解除なんて雰囲気じゃないですよね。

2020年5月、トランプ大統領は「安全保障上の脅威となる通信機器の使用を禁じる大統領令」を1年間、延長することを決定。2021年5月までは今の状況が続きそうです。

どんなに良い製品であっても、YouTubeやGmailが使えないなんてナンセンス。nova lite 3を最後に、今後、Huawei(フーアウェイ)製品を買うことはなさそうです。これまでありがとう、ファーウェイ!

2020年5月29日、HUAWEI nova lite 3+を発売するそうです。制裁措置前の機種のアップグレード版ということで、新発売ながらGMSを使えるとのこと。ギリギリセーフ?ちょっとムリのある発売!?

▶︎ファーウェイ端末購入履歴!
 GL04P、nova lite(初代)、GS、MediaPad T1

楽天SIMを挿入して無事開通!


ということで、端末が到着してから、楽天モバイルのSIMを挿すと、自動的に「rakuten.jp」のAPNが表示されたので、無事開通。自宅付近はエリア的にはauエリアですから、月制限5GB(4月22日からスタート)ということで利用していきたいと思います。

追伸:
ここのところ、Androidの端末を買っていなかったので新鮮でした。画面もキレイし大きい。サブ機としては申し分ありません。購入して正解でしたね。




 
▶︎月額2,726円(税抜)~のBroadWiMAX
 




 














▶︎1年間無料・解約手数料0円


2020年4月8日に楽天モバイルが第4のキャリアとして携帯電話事業に本格参入。1年目は300万人を限度に1年間無料という驚きのニュースが。さらに2年目以降でも2980円と破格の値段。解約手数料も0円ですから、いつでも解約できます。メインは大手キャリアとし、サブ機で使うのもアリかもしれません。 
 

 
 







▶︎再び注目されるワイマックス


クラウドSIMが2019年からスタートし、モバイル通信ユーザをざわつかせました。2020年もこの流れは変わらないと思われていましたが・・・ある運営会社で大規模な通信障害が発生して・・・そんな中、信頼と実績のワイマックス(WiMAX)が再び注目されることに。原点回帰?と個人的には思っています。



 








▶︎格安SIM選び!(体験記)


引越し・新学年・新社会人の季節となり、スマホの乗り換え・買い替え・新規契約などで悩んでいる方も多いのでは?私は数年前に通信業界で仕事をする機会があり、そこそこ知識はあったので、いかにスマホを安く利用するかについていろいろ調べてみた時期がありました。あれから5年、実際に格安SIMのIIJmioを利用して思ったこと、メリット・デメリットについて書きたいと思います。













今なら先着300万名は1年間無料
2年目から月額2980円、解約手数料0円