▶︎NURO 光

なにかと話題のソフトバンク。過去に大規模な通信障害を発生させ、その原因をたどってみると理由はさまざま。「事件ですか?事故ですか?」インフラを担っている会社とは思えない数々の障害。そして、歴史は繰り返される。


ソフトバンク光/Air/ADSLに影響
2020年5月4日

固定回線のソフトバンク光、無線ルータのソフトバンクAirなどで通信障害が発生。いまのところ原因は「調査中」であるが、DNSサーバに不具合が発生したものとみられる。1週間たった5月11日現在でも「調査中」のまま。何を調査しているのか・・・

▶︎「ソフトバンク光」などで通信障害が発生--現在は復旧



全国3060万回線、大規模障害
2018年12月6日

ソフトバンクの携帯網で通信障害が発生。全国規模かつ3060万回線という数のユーザの通信ができない、もしくはつながりにくくなる障害。ソフトバンクのコアネットワーク機器(MME)の証明書の有効期限が切れたことによるもの。MMEはエリクソン社(スウェーデン)の製品。採用しているベンダが1社でネットワークが構成されていたため、複数あるMME全てが動作不良状態に。MMEは、LTEネットワークの要となる装置で、ここがダウンするとLTE通信に多大な影響を及ぼす装置。エリクソンは日本だけでなく世界中に商品を展開しているため、他の主要メーカでも同様の通信障害が発生。いずれにしても、国内では過去に例をみない重大インシデントに。

▶︎ソフトバンク通信障害の原因は「エリクソンの技術的ミス」



不正プログラムで通信障害発生
2011年5月25日

ソフトバンクモバイルで通信障害が発生。エリアは関西地域で、基地局とコアネットワークを中継する機器(伝送装置)で通信できなくなったことによる。その原因は意図的な設定変更プラグラム。関西のネットワークセンター(NOC)にて勤務していた協力会社の社員が、5月25日に伝送装置の設定を次々と書き換える不正プログラムを仕掛けたもの。それにより、5月25日に突然、大阪や周辺地域で通信ができなくなる大規模障害が発生。プログラムを仕掛けられるという管理体制の甘さと、なぜそういう行為に至ったかの背景が大問題。該当の協力会社社員は大阪府警に逮捕、起訴された。

▶︎5月のソフトバンク通信障害、委託先の元社員を逮捕












▶︎【BroadWiMAX】月額2,726円(税抜)~!















▶︎1年間無料・解約手数料0円


2020年4月8日に楽天モバイルが第4のキャリアとして携帯電話事業に本格参入。1年目は300万人を限度に1年間無料という驚きのニュースが。さらに2年目以降でも2980円と破格の値段。解約手数料も0円ですから、いつでも解約できます。メインは大手キャリアとし、サブ機で使うのもアリかもしれません。 
 

 
 







▶︎再び注目されるワイマックス


クラウドSIMが2019年からスタートし、モバイル通信ユーザをざわつかせました。2020年もこの流れは変わらないと思われていましたが・・・ある運営会社で大規模な通信障害が発生して・・・そんな中、信頼と実績のワイマックス(WiMAX)が再び注目されることに。原点回帰?と個人的には思っています。



 








▶︎格安SIM選び!(体験記)


引越し・新学年・新社会人の季節となり、スマホの乗り換え・買い替え・新規契約などで悩んでいる方も多いのでは?私は数年前に通信業界で仕事をする機会があり、そこそこ知識はあったので、いかにスマホを安く利用するかについていろいろ調べてみた時期がありました。あれから5年、実際に格安SIMのIIJmioを利用して思ったこと、メリット・デメリットについて書きたいと思います。