ソフトバンクG決算発表|2019年11月は大嵐だった


昨年11月の決算発表では孫正義氏が「台風どころか大嵐」と意味不明な言葉を発して、大赤字の真っ赤っかと白旗宣言をしました。そして今年2月12日の決算発表では「潮目が変わった」と満面の笑み。その期の決算内容は二の次で、現状の経営状況にご満悦・・・おいおい、今後の話は置いといて、まずは10-12月の成績でしょ!とツッコミ。

その後、赤字幅がどんどん大きくなる数字が発表されることに。孫正義本人は「PCR検査だ」「マスクだ」「検査キットだ」とツイートしまくり。「輸入業社?」「2011年のメガソーラーの再来?」というnegativeな印象が増すばかり。熱しやすく冷めやすい、でしょうから半年後には「なかったことに」なっていると・・・私は「現実逃避」と見ていますが(汗

ソフトバンク決算発表で何が飛び出す?


衛星通信のベンチャー企業ワンウェブが破産申請、犬のお散歩ベンチャー企業ワグへの出資とりやめ、おしゃれなシェアオフィスのウィーカンパニーはIPO失敗からの経営不振とコロナで撃沈、そして創業者アダムニューマンから訴訟されて・・・。さらに、インドのホテル企業OYOはコロナで打撃をくらい、配車サービスのウーバーもコロナでボロボロ。

約1兆4000億円の赤字

一方で、ECのアリババ(中国)、配車のDiDI(中国)、半導体のARM(イギリス)、ソフトバンクKK(日本)などはまだ持ち堪えているようですが。ちなみに、マスクマスクと騒いましたが、輸入元は中国のBYD社。先日、アメリカ当局からマスク承認申請を却下された会社ですね。ツイートに出てくる検査キットも中国(INNOVITA社)。赤く染まってますね。中共をカミングアウトしたジャック・マーとも昔からトモダチ。ソフトバンクGはアリババで持っているようなもの。さてさて、どうなることか。

さて、5月18日のオンライン決算発表ではどんな話をしてくれるのか「楽しみ」ですね。マスクと検査キットの話をし出したら・・・ろくなことはなさそうです。もちろん「無利益で」というフレーズとともに。