楽天モバイルがなぜ「公式に」iPhoneを扱わないのかと思いませんか?不思議な感じですよね。その理由・・・キャリア(MNO)として携帯事業を開始したばかりで、実績も含め利用者が少ないことが原因ではないかと推測しています。(あくまでも勝手な推測デス)

楽天モバイルがiPhoneを扱えない理由


アップルとしては「大手キャリア」という一定の顧客がいるところにiPhoneを販売したいでしょう。まだ実績のない会社に大事な商品を卸すのにも判断が必要、ということでしょうか。ブランドイメージが一番のアップルですから、今のところはリスクを回避なのかな? このため、

楽天が「扱わない」のではなく「扱えない」

という可能性が大きいかと。個人で、iPhoneのプロファイル(接続のための設定ファイル)を作成する猛者も現れ、最新機種では「十分、使える」と言われています。天下のアップルです。楽天の回線で利用できないわけがありません。iPhoneの性能としては楽天で使用できるだけのスペックは当然備えています。ですから、楽天としてもiOS向けのアプリ「楽天LINK」を出すのは造作もないことかと。

楽天が打ち出した300万人無料という数字。なぜ、この300万人なのか、それは定かではないものの、一定規模の顧客のもと、楽天のネットワークが「ちゃんと稼働していますよ」ということを証明し、世に知らしめたいという思いなのかもしれません(アップルにも)。無料ということについては、まだ、自社回線が都市部、しかも、一部にしか普及していないために、お金をとるには時期尚早という理由が一番でしょう。ただ、利用者を一気に広げたい側面もあると思われます。

ちなみに、楽天が携帯事業で黒字になるには700万件の契約が必要であるとも発表しています(2020年5月13日)。ますます、300万という数字の意味がわかりませんね。



決算発表から読み解く理由


2020年5月13日の決算発表は新型コロナのためにオンラインでの発表となったようです。どこもかしこも、この形式ですね。さて、楽天の三木谷社長、記者からの質問で「iPhoneについて」の問いかけに、「スルー」だったようです。ゼロ回答・・・

何か良い感触があるのであれば、リップサービスでもチラッと話をするかもしれないのですが、この態度だと当面、対応はなさそうですね。あえてスルーしたのか、苦々しくディスったのか。アップルとはうまくいっていないのかなぁ・・・

別の観点からみると、クレジット業界が関係している説。楽天といえば「楽天カード」というくらい世間に浸透しています。楽天カードマン!!!ですね。一方、アップルは「Apple Pay」で日本のクレジット界に新規参入。Suicaとの提携により、iPhone+モバイルSuicaというビジネスモデルを一気に確立しました。こういう状況であるため、楽天とアップルはガチのライバル。iPhoneの取り扱いにも影響がないといえばウソになるのでは?いろいろ利害関係が絡んでいるから、上記のミッキーの「スルー対応」になったのかもしれませんね。



▶︎楽天モバイルは1年無料(先着300万名)解除料は0円

楽天モバイルは順調な滑り出し


2020年4月8日のサービスインから約1ヶ月が経過して、いまのところ、大きな問題も(表面的には)発生していないようですし、順調なスタートを切ったといっていいでしょうね。現在、30万人くらいじゃない?という噂も出ています。最近、YouTubeの広告も増えてきたことから、思ったように申し込みが伸びておらず、まだまだ300万人に届いていない裏返しではないでしょうか。

料金設定、データ無制限、楽天回線圏外の場合はau回線を利用可能、しかも月5GBまで、さらに通信制限でも1Mbpsと、コレだけ見ても「すごいわ、楽天!」ですから、iPhoneまで扱うようなったら、爆発的に利用者が拡大することは間違いないかと。早くそうなり、既存キャリアが「きゅうきゅーー」いうところを見てみたいですね。

あ、300万人を超えると、みんな月額2980円の、有料(優良)契約だから、その時点から楽天はウハウハなのかも・・・



▼紹介コードを使って2000ポイントゲット
 紹介コード: QDj5XhWQXUyn (12桁英数字)

「楽天モバイルID」 に 上記の紹介コード を入力



▶︎月額2,726円(税抜)~のBroadWiMAX


 




▶︎1年間無料・解約手数料0円


2020年4月8日に楽天モバイルが第4のキャリアとして携帯電話事業に本格参入。1年目は300万人を限度に1年間無料という驚きのニュースが。さらに2年目以降でも2980円と破格の値段。解約手数料も0円ですから、いつでも解約できます。メインは大手キャリアとし、サブ機で使うのもアリかもしれません。 
 

 
 







▶︎再び注目されるワイマックス


クラウドSIMが2019年からスタートし、モバイル通信ユーザをざわつかせました。2020年もこの流れは変わらないと思われていましたが・・・ある運営会社で大規模な通信障害が発生して・・・そんな中、信頼と実績のワイマックス(WiMAX)が再び注目されることに。原点回帰?と個人的には思っています。



 








▶︎格安SIM選び!(体験記)


引越し・新学年・新社会人の季節となり、スマホの乗り換え・買い替え・新規契約などで悩んでいる方も多いのでは?私は数年前に通信業界で仕事をする機会があり、そこそこ知識はあったので、いかにスマホを安く利用するかについていろいろ調べてみた時期がありました。あれから5年、実際に格安SIMのIIJmioを利用して思ったこと、メリット・デメリットについて書きたいと思います。










▼紹介コードを使って2000ポイントゲット
 紹介コード: QDj5XhWQXUyn (12桁英数字)

「楽天モバイルID」 に 上記の紹介コード を入力


 
 
 
楽天とiPhone
 

^o^ 今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

▶︎楽天モバイル契約数は現在50万人届かず?
 
 
楽天モバイル iPhone アップル [1745]